マイナンバー副業ばれない方法

マイナンバー副業ばれない方法
MENU

マイナンバー制度でも副業がバレない方法

マイナンバー制度でも副業がバレない方法

マイナンバー制度の導入はいよいよ10月から始まるのですが、これによって生活が変わるということも改めて考えていかなければなりません。政府の表向きの見解は、このマイナンバー制を導入することにより、市役所や、税務署、年金事務所がそれぞれ別に持っていた個人情報を一括管理することにより作業の効率化を図ろうという取り組みです。ですが、この制度は税金の取りこぼしを無くす為のシステムであるとも言われています。

 

生活の向上のために副業を行う方なども日本ではかなり多いのかもしれませんが、そういった方にはマイナンバーの仕組みがデメリットになる可能性もあるのです。まず、マイナンバーのデメリットは、副業が会社にばれる可能性が高まる事だとも言われています。

 

この副業がばれてしまう危険性として指摘されている条件は、住民税の差異によるものだと言われています。源泉徴収により住民税を個人がどれくらい支払っているのかわかるのですが、この住民税を多く支払っていれば、給料の割合と比較した時に矛盾が出るのです。副業の所得が多ければ住民税の支払いも増える訳ですから、そこから副業をしている事が発覚してしまう可能性もあるという事です。

 

ですから、会社でダブルワークを禁止している場合などは、副業をやめざる得ない可能性も出てきますし、それが生活自体を圧迫していく可能性もあるのです。ただ、生活水準を落として生活は出来ないという人も多くいますので、副業を続ける事に関してはすぐに諦める事だけを考えずに、専門家などに相談するなどの対策も考えるべきかもしれません。

 

マイナンバー副業ばれない方法

マイナンバーが施行されても副業ばれない方法があります。

 

これは、サラリーマンの方であればかなりうれしい情報なのではないのでしょか?

 

副業がバレルのは、基本的に住民税の金額です。そうです、あなたの給料から毎月天引きされているにっくき住民税です。これは、あなたが住んでいる、市区町村があなたの所得に応じて、あなたの会社に請求をしています。それを会社が天引きしているわけですね。

 

副業がばれるのは、この住民税の金額が、会社でもらっている給料から計算したものと合わない場合です。住民税の金額は、所得によって決まりますので、会社の給料以外に所得があるのがばれてしまうのです。

 

ですので、対策としては、副業分の所得については、確定申告をし税金を納め、住民税について副業分だけは自分で払えばよいのです。実は、この手続きはそれほど難しくありません。ただし、市区町村が拒否をしてくる場合があります。

 

給料天引きが確実にとりっぱぐれがないですからね。ですので、ここは税理士などとも相談しながら進めた方がいいでしょう。

 

マイナンバーと副業についてさらに詳しく

 

更新履歴
このページの先頭へ
キム・ジ ョンウン